Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/pokemon/pokemon-shop.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/pokemon/pokemon-shop.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::word_count_js() expected to be a reference, value given in /home/pokemon/pokemon-shop.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/pokemon/pokemon-shop.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571
PV数を稼ぐゲーム記事を書くために必要な4つの知識 | PVの稼げるゲーム攻略サイト・ブログの作り方

PVの稼げるゲーム攻略サイト・ブログの作り方

運営・アフィリエイト・SEOまでノウハウを公開します

PV数を稼ぐゲーム記事を書くために必要な4つの知識

   

PV数を稼ぐゲーム記事を書くために必要な4つの知識

PVを少しでも多く稼げるサイトを作るための秘密をまとめてみました。
以下の4つのポイントを意識することで ユーザーフレンドリーなサイトを設計することでPVを増やしていきましょう。

ポイント1:ニーズのあるキーワードを記事に落とし込もう!!

keywords
サイトに集めたいユーザーを見つけるために、ゲームユーザー視点での検索キーワードの探し方では「キーワード」の見つけ方を洗い出しました。
その「キーワード」をテーマとして記事を書いていくことが大切です。
この選んだキーワードをさらに分析をして、キーワードを3つに分類します。

1.BIGキーワード

このキーワードで検索上位を取れれば、PVが大幅に上昇するであろう記事です。
多くは、「ゲームタイトル」であったり「ゲームタイトル 武器」「ゲームタイトル オススメ」などの検索数のボリュームのあるキーワードになります。
ボリュームのあるキーワードかどうかを判別するには、キーワードプランナーで調べましょう。
基本的には、「カテゴリー」になるような単語が良いですね。

2.MIDDLEキーワード

MIDDLEキーワードには、ゲームの固有名詞が入ります。
ポケモンであれば、「メガガルーラ」
パズドラであれば、「ラー」
モンハンであれば、「ギガントハンマー」

など、検索するボリュームが一定数あるキーワードを選ぶことが大切です。
ゲーム攻略サイトを作っていれば自然と入るものの、検索数の多い順から記事を作成することでPVの稼ぎやすいサイトを作ることができます。
また、このMIDDLEキーワードの中でも検索数の多いキーワードは少しでも検索上位をとるために意識して記事本数を多くしても良いでしょう。

3.SMALLキーワード

SMALLキーワードは、上記2つから漏れてしまう検索数の少ないキーワードです。
こういった記事はサイトのPVに貢献してくれないため、労力の無駄になりやすいです。

特徴としては、コアゲーマー向けの記事はどうしてもSMALLキーワードになりやすい特徴があります。

ポイント2:記事にペルソナを設定しよう

ペルソナ作りは製品開発やマーケティングの開発手法の一つですが ゲーム攻略サイトを作る上でも非常に重要です。
まずは、ペルソナの簡単な説明をしましょう。

「ペルソナ」は、元々は心理学者のユングが「人間の外的側面」と定義した心理学用語です。
そこからマーケティング領域においては「象徴的な利用者像」と解釈されるに至りました。
マーケティングを行ううえで基本となるのは3C 分析(顧客・自社・競合)ですが、この中でも最も重要なのが顧客についての分析です。
サービス、商品というのは、それを購入したユーザーの、何かしらの問題を解決するために存在します。
ユーザーが抱えている問題は何なのか、どうすれば解決できるのか。
これをイメージをするためには、できるだけ実在すると感じられるようなレベルでペルソナ設定を行う必要があります。

(引用:ホームページ運営に欠かせない!ペルソナの設定方法とは?

イメージがつきにくいかもしれません。
具体的な製品やメディアのペルソナを見ていくことでイメージをつかんでいきましょう。

ペルソナ設定は擬人化:「ライン(LINE)女子」と「ツイッター(Twitter)女子」

Line女子vsTwitter女子.003-thumb-600x450-10371
(参考:「ライン(LINE)女子」と「ツイッター(Twitter)女子」を比較してみた。ーデータから見るペルソナ図鑑(23)ー
イメージしやすい例として、ライン女子・Twitter女子を取り上げてみましょう。イメージは上記の画像です。ライン女子の方がキラキラしてる一方、Twitter女子はサバサバしているイメージがありますね。
「ペルソナ」とは実際のユーザーを単なる定量的なデータ(性別・年齢・職業・所得など)で分類するだけでなく、感性で理解できるような「キャラ設定」したようなもの。
このキャラ設定ができれば、自然と頭の中で動き出してくれます。
人気漫画の原作者が登場人物のキャラ設定さえできれば、キャラクターが勝手に話し出しストーリーが進んで行く という趣旨の話は聞いたことはないでしょうか?
ペルソナ設定も同じようなことです。
ワンピースのルフィ、進撃の巨人のエレンを作者が考えるような気持ちでサイト運営できると理想ですね。

私の運営しているサイト「ポケモンORASのトリセツ」のペルソナ設定は「ポケモンORASから対戦を始めた男子大学生」を想定して書いています。
新しく始めた人向けのため、ゲーム内の用語は基本的に1から解説を行います。
また、厳選難易度が高く育成に時間にかかるポケモンよりも 簡単に作れてそこそこ強いポケモンを優先して紹介しています。
対戦ネタだけでなく ニコニコ動画で話題の動画なども定期的に紹介するのも ペルソナ設定的に関心が高いことを意識しているためです。

脳内で読者ペルソナを設定することで物語を紡ぐことができればいいですね。
ゲームの大会の記事を書いても、読者ペルソナが「小規模なオフ会って、身内だけだからおもんないわwww」と囁いたなら記事を公開すべきでありません。
読者ペルソナでシミュレーションすることで記事選定の速度が上昇し、サイトの一貫性もできますね。

ポイント3.PV数を上げやすい記事の種類を理解しよう

基本的に、以下の4種類の内のどれかに当てはまる記事を書いて下さい。
管理人のプレイ日記や個人的な趣味なんて誰も求めていません。

(1)一覧系記事

武器
ゲーム内で入手できる「アイテム」「スキル」「モンスター」などを一覧にまとめたページのことです。
攻略サイトを訪れるユーザーが期待するページになります。
他のサイトとは情報で差別化するのは難しいものの、「情報の鮮度」「情報の正確さ」が大切なページです。

(2)ニュース系記事

News
ニュース記事は、ゲームタイトルの新作の情報やアップデート内容などを更新することにあります。
ニュース系の記事を配信することで読者はこのサイトは最新情報があると考え リピートしてくれるようになります。

(3)まとめ系記事

NAVER
まとめ系記事は、「オススメの武器まとめ」「人気のアイテムまとめ」などユーザーにシンプルに伝える事ができ、SNS(はてなブックマークやTwitterなど)で拡散されやすいというメリットがある。

下記のノウハウ系の記事がたまってきたら、まとめ記事を作ることでPVアップが見込めます。

(4)ノウハウ系記事

ノウハウ
ノウハウ系記事とは、ウラガンキンの攻略方法、リセマラを早くこなす方法など ゲームの攻略方法を教える記事です。
ゲーム攻略サイトが他のサイトと差別化になる点であり、ゲーム攻略サイトの記事のボリュームゾーン。

ポイント4.記事の書き方を工夫しよう

コピーライティング
記事の書き方ひとつで、読者がリピート率が向上します。
少し意識するだけで、記事の印象が変わる方法を2つ紹介します。

工夫1:画像・動画を多用する

画像を使うことで読者に言葉で伝えにくいことを上手に伝えることができます。
ゲームの攻略方法などもテキストだとうまく伝わらないことが多いので、画像や動画が役にたちます。

工夫2:ステップごとに記事を書き進める。

攻略記事を書くときに、ステップごとにわけると伝わりやすくなります。
一例を挙げると、

×
「Aを入手した後、Bの街に向かいCにAを渡しましょう。」

1:「Aを○○で入手する」
2:「Bの街に向かう」
3:「Bで、CにAを渡す」

ステップごとに分解することで読者が一目で情報が伝わるだけでなく、読者が困っている状態がどこで次にどうすれば良いかがわかるようになります

 - コンテンツの作り方 , , ,