Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/pokemon/pokemon-shop.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/pokemon/pokemon-shop.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::word_count_js() expected to be a reference, value given in /home/pokemon/pokemon-shop.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/pokemon/pokemon-shop.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571
時代は、ゲーム攻略動画?それともテキストサイト? | PVの稼げるゲーム攻略サイト・ブログの作り方

PVの稼げるゲーム攻略サイト・ブログの作り方

運営・アフィリエイト・SEOまでノウハウを公開します

時代は、ゲーム攻略動画?それともテキストサイト?

   

時代は、ゲーム攻略動画?それともテキストサイト?

最近新しく登場するメディアは、動画に力を入れていることが多いです。
AppBankは、特にYouTubeにたくさんの動画を投稿していますね。

また、ゲームでお金を稼ぐというと プロゲーマーになって賞金を稼ぐというよりも、YouTubeやニコニコ動画で動画を投稿する方が稼げるため 一種のブームになっています。
時代の流れは、動画なのだなぁと思いつつ 近年流行した アプリ・Webサービス(line,Twitter,2chまとめ)はすべてテキスト主体だったりします。
動画・テキストのどっちをメインに頑張れがよいの?と悩んでしまう人もいるでしょう。
最近のメディア関連で、テキスト VS 動画 なニュースや対談記事を見てみます。

DeNA、キュレーションメディア4媒体を開始–2016年は動画に注力へ

151031_dena_02
(情報元:DeNA、キュレーションメディア4媒体を開始–2016年は動画に注力へ

DeNAがキュレーションメディアを新しく立ち上げました。
動画広告・動画リワードが全盛期になっている環境を意識して、動画コンテンツに力を入れるようです。

村田氏は、2016年の事業目標として動画コンテンツ、動画広告の本格的な展開に力を入れていくと説明。「毎年のように“来年は動画が来る”と言われているが、我々は2016年こそ“動画元年”になると考えている」と語り、生活に必要な情報を取得する手段がスマートフォンにシフトしていること、ネット動画の視聴時間においてスマートフォンがPCを上回ったこと、FacebookなどのSNSで動画の共有が容易になり利用が拡大していること、動画制作・配信インフラの整備などを背景に、動画コンテンツの活用がさらに加速していくとの認識を示した。

ニコニコ動画やYouTubeなどのランキングをみていると、ゲーム実況の人気は根強く 視聴の離脱率も低いことから広告のスポンサーとって嬉しいジャンルです。
そういった意味で、ゲーム実況は稼ぎ易いコンテンツと言えるかもしれません。

そうなると、テキストベースが廃れるから、実況者として活躍するぞ! と思うかもしれませんが それに対抗する意見もあります。

人間の脳の構造上、テキストメディアは廃れない

img_3062c428d879ef69298e30bc141a7940452710
(情報元:人間の脳の構造上、テキストメディアは廃れない
人間の脳の認知の仕組みから、人間が実際に感じる情報量は「テキスト>音声>静止画>動画」と結論付けています。
ゲームの攻略動画を見ていても、10分くらいの攻略でも テキストなら1分くらいで済むことも多いですね
攻略の難所でも、画像を5枚くらい貼り付けておけば 想像力で補えます。

藤沢 よく考えてみたら、ブログやTwitter、LINEなど、いまネットで主流になっているのは、いまだにテキストメディアが多い。ネットの通信速度やデバイスの性能が上がれば、コミュニケーションツールはテキストから音声、画像、動画へと進歩していくと思っていたのに、実際はそうなっていないですよね。

20年ぐらい前の未来予想図では、みんながテレビ電話でコミュニケーションするようになるみたいなことが描かれていた。実際に、いまは、テレビ電話なんか安価に利用できる。でも、外資系企業のサラリーマンが、ニューヨークやロンドンとのカンファレンスコールなんかで、いやいや使ってるだけですよね。意味ねーなぁ、とか思いながら(笑)。iPhoneのFaceTimeなんかもぜんぜん使われてない。

田端 リアルな3D仮想空間を作ったセカンドライフが流行らずに、シンプルな140文字だけのTwitterが流行ったというのは象徴的ですよね。抽象化されたもののほうが普遍性があるってことなのかな。実際に顔を見たほうが文字情報よりも多くのことが伝わったり、コミュニケーションとして楽しいとは限らない、ということなんですかね。

藤沢 電子工学的には、情報量は「動画>静止画>音声>テキスト」なんですよね。静止画と音声ではどちらが大きいかはケースバイケースですが、とにかくテキストは圧倒的に情報量が小さい。しかし、人間の脳の認知の仕組みから、人間が実際に感じる情報量は、これとは逆に、「テキスト>音声>静止画>動画」だと思うんですよ。それは、多分、テキスト情報が、その人の記憶を呼ひ起こして、人間の想像力で豊かな情報が脳の中で補完されるからだと思うんです。

まとめ

個人的には、テキストベースの攻略サイトが良いのかな?と思います。
なぜなら、動画を作るのは結構時間がかかるからです。
一方、テキストだけだと伝えれない部分もあると思うので、画像を多用した攻略サイトを作りたいなと思います。
それでないと、動画サイトに負けてしまうでしょう。
これからは、ゲーム動画も意識したサイトを作らならければなぁと感じます。

 - 運営方法 ,