PVの稼げるゲーム攻略サイト・ブログの作り方

運営・アフィリエイト・SEOまでノウハウを公開します

ゲーム攻略サイトの種類と特徴

      2015/10/04

ゲーム攻略サイトの種類

ゲーム攻略サイトの種類にもたくさんあって、ブログ・wiki・まとめ・WEBサービス・コミュニティーサイト・アプリ・動画・ホームページ型などがあります。
自分がサイトを作ってどういったことがしたいか、それぞれの強み・弱みを整理しましょう。

私はポケモン対戦のサイトを運営しているため、ポケモン系のサイトの実例を交えていきます。

ブログ

個人で始める際、一番簡単に出来るのがブログタイプです。
プログラムの知識はHTMLとCSSができれば、何でも出来てしまいます。
私が運営しているサイトポケモンORASのトリセツも、ブログ形式になります。

また、アメーバ・はてな などは 無料でブログを始めることが出来ます。
ゲーム攻略サイトとしては、以下が特徴になります

強み

強み①:SEOに強い
→SEOとは、検索エンジン最適化のこと。
つまりは、グーグルで検索した際上の方に表示されやすいことを指します。
理由は幾つかあるのですが、記事ごとにタイトルをつけれるため キーワードを選びやすい点です。

強み②:時系列になっている
→ブログのトップページに行けば、更新した順番に並びます。
ゲームの情報は鮮度が命ですので、読者は新しい情報にリーチしやすいです。

強み③:自由に広告を設定できる
→管理人は自分のため、広告の設定は自由です。

弱み

弱み①:視認性が悪い
→ブログは記事の更新順に並ぶため新しい情報にリーチしやすいものの、サイト内での検索が難しいです。
ブログ内検索の窓を用意していても、ユーザーが利用してくれるまでのハードルは高いです。

弱み②:記事作成に時間がかかる
→まとめサイトなどと比較すると記事の作成に時間がかかります。
ゲーム攻略は情報の鮮度が命なので、時間がかかるのはデメリットです。

wiki

wikiは、複数人でwebサイトを運営するために生まれたサービスです。
有名なwikiを作れるサービスは、@wikiがあります。

強み

強み①:記事を量産できる
→人数に比例して、記事数が多くなります。ゲームサイトではネタ不足で悩むことも多いですが、3人寄れば文殊の知恵。

強み②:管理人がいなくても何とかなる
→wikiはサイトが大きくなると、みんな記事をたくさん作ってくれるようになります。

強み③:サイトの知名度が高いとアクセスが多い
→情報量が多くなり、有名になると ゲームのプレイヤーはサイト内の情報を隅々まで読むでしょう。

弱み

弱み①:記事の質の担保が難しい
→記事を更新する人も玉石混合です。
また、荒らしがくるとめちゃくちゃになります。

弱み②:サイトの知名度が重要
→知名度のないうちは管理人が頑張って更新しないといけません。
多くの人が読んでくれるというモチベーションが出来るくらい人が集まると、自然と記事を作ってくれる人が集まります。

弱み③:SEOに弱い
→記事ごとにタイトルをつけにくい上、SEOの知識がない人が多いので グーグルなどの検索エンジンからの流入は少ないです。

弱み④:広告が制限される
→Adsenseを使用できないため、使える広告は限られます。

代表的なサイト

ポケモン第六世代(XY・ORAS)・対戦考察まとめWiki

まとめサイト

2chまとめ、Naverまとめなどです。
ゲーム攻略と相性がよい。
家庭用ゲームのまとめサイトは有名タイトルに限るものの、アプリ系の攻略サイトはまとめがメイン。

個人でやるなら、まとめサイトが手軽にできるのでオススメ。

強み

強み①:記事の更新が簡単
→2chまとめ、Twitterまとめなどは 基本的に転載+編集で記事を作成できるため 1記事作るのに時間がかかりません。
最近はツールも充実しているので、1記事15分程度。

強み②:情報の鮮度が高い
→記事の更新が簡単なため、新しい情報をアップレートしやすい

強み③:ロングテールSEO
→ニッチな記事を量産できるので、複合キーワードに強い。

強み④:ソーシャル(Twitter、Facebookなど)と相性がいい
→ネットでバズれば、PVをたくさん稼げる

弱み

弱み①:記事の質が低くなりやすい
→基本的にネタ重視・タイトル重視なので、文章量が少なく質は薄くなりがち

弱み②:グーグルのアップデートに弱い
→まとめサイトは、グーグルにペナルティーをもらいやすくアクセス数が安定しにくい

弱み③:広告のクリック率が低い
→中身をきちんと読んでもらえないのか、クリック率が低めなので収益に繋がりにくい。

弱み④:ネタの収集が大変
→1日の更新頻度が高いことが大切なので、ネタ収集が大切です。

代表的なサイト

ぽけりん

WEBサービス

ポケモンでいうなら、ダメージ計算機などを指します。
ざっくり言うと、何か1つの目的のために作られたサイトといった感じ。

私には作れる技術力がないので、薄っぺらい解説になりますが以下の感じになると思います

強み

強み①:技術力で差別化できる
→同じようなサイトでPVを奪うことを避けれます

強み②:リピートが多い
→同じ人が何回も使ってもらえるので、サイトのPVが安定します

強み③:横展開が可能
→WEBで知名度が出れば、アプリなどで販売も可能です。

弱み

弱み①:技術力が必要
→サーバー関連、プログラミングの知識など 複合的な知識が必要です。

代表的なサイト

ダメージ計算機XY

コミュニティーサイト

コミュニティーサイトとは、ユーザーが自由に投稿しコンテンツを作るサイトです。
最近、ゲーム攻略系のサイトを企業が運営する場合に採用されることが多いです。

個人でも出来ないことがないものの、資本力のある企業の方が有利なため最近は厳しめ。

強み

強み①:人が集めれば何もしなくていい
→wikiと同様に、うまく行けば管理人は何もしなくていいです

強み②:スケールしやすい
→人が集まれば、サイトが大きくなりやすいです。
ネットの集合知を使えるため、力強いサイトができます。

弱み

弱み①:人が集めるまでが大変
→人の数に比例して、記事の作成が行われます。
人を集めるために、PV数に応じてお金を払ったり 投稿者に評価を付けれるシステムを導入するなどでモチベーションが出るしくみ作りが大切です。

代表的なサイト

game8

ポケモン徹底攻略

アプリ系

Appストア、Google Play 上で アプリとしてゲーム攻略情報を更新します。

家庭用ゲーム機とは相性が悪いですが、アプリ系のゲーム攻略と相性がいいためたくさん乱立しています。

私は作ったことがないのであんまりわからないですが、個人でやるならば WEBサイトがオススメです。
アプリと違い、検索エンジンからの流入が見込めるため 小さなサイトでもなんとかなります。

代表的なサイト

Appバンク

動画

実況動画は、Youtube・ニコニコ動画でに人気コンテンツです。
編集能力やトーク力に自信がある人は、トライすべきです。
ゲーム実況youtuberの収入や年収ランキングと仕組み【2015年版】によると、マックス村井さんは月収約564万円らしいです。

デメリットは2点あると思います。

デメリット①:動画作成に時間がかかりすぎることです。
情報の鮮度が大切なゲーム攻略サイトとはあまり相性がよくないと感じています。

デメリット②:検索に弱いので、知名度が必要。
グーグルのbotは、動画情報まで読み取ることができず 検索はテキストが有利です。
よって、ユーザーは知名度のある人気実況者を中心に動画を見ますので 後から始める人は強いキャラが必要です。

ホームページ型

トップページですべての記事が見れるようになっているのが特徴です。
家庭用ゲーム機のRPGなど攻略方法が定まっているものと相性がいいです。
逆に記事を頻繁に更新する場合は情報の新旧を比較しにくいのであまり向きません。
また、スマホ用のサイトも準備する必要がありため ブログやまとめサイトに押され気味。

代表的なサイトは、ポケモンオメガルビー・アルファサファイア(ORAS)攻略です。

考察まとめ

個人でゲーム攻略サイトを作る際にオススメ順は

①まとめサイト > ②ブログ > ③wiki > ④その他(動画・アプリ他)

になると思います。
今後は、個人で作る人向けに書きますので ①まとめサイト、 ②ブログ 、③wikiに焦点を定めたいと思います。

 - 入門編 , , , ,