カタログギフトのランキング

結婚式へ招待した上司への引き出物の相場

結婚式へ招待した上司へは、引き出物を当然用意しなければいけません。こうした引き出物に、いくら位の品物を用意すべきでしょうか。

引き出物の額には、とくに決まりはありません。

ただ上司には、同僚や友人よりも高い品物を用意するのが普通です。

一般的には、5,000円から10,000円ほどの引き出物を上司に用意する場合が多いようです。

カタログギフトの相場
  • ゼクシィの調査によると、上司へは5000円が最も多い。
あわせて読みたい
結婚式カタログギフトの相場はいくら?|親族,上司,同僚,友人 結婚式に使われるカタログギフトの相場といくら? 結婚式の正式ある場面のプレゼントにもなればマナーもかか...

上司もさまざま!役職で引き出物に差をつけよう

上司といっても、さまざまな役職の方がいます。

役職ごとに、引き出物の額にそれぞれ差をつけるのが一般的です。
係長、課長、部長といった方々に、同じ品物を用意することは感心できません。

役職で、引き出物に差を分けましょう。

上司への引き出物の額に決まりはありませんが、課長以上の役職の方には、最低でも5,000円の引き出物をお渡しするのが一般的です。

こうした上司の方々は、およそ3万円から5万円ほどのご祝儀をたいていくださるからです。

最低が3万円で、上位の役職になるほど金額があがり、上級役職ではほぼ5万円となります。

そこで5,000円を下限にして、役職があがるごとに少し高めの引き出物を準備すると、上司の皆様にちょうど適当な額のお礼になります。

社内での引き出物の相場がよくわからないときは、先輩などに尋ねてみるといいでしょう。

慣例の金額に近い品物を用意すれば、上司の皆様はそれをとくに失礼に思うことはないはずです。

ただし、役職に関係なく、結婚式のご祝儀は一律3万円と定めている会社もあります。

ご祝儀の金額が同じなら、役職や立場に関係なく、引き出物もすべて同じものにすべきかと悩むかもしれません。

こうした場合でも、上司の方々へは、役職ごとに差をつけた引き出物を用意するようにしましょう。

引き出物は、単純にご祝儀の金額だけで決めていいものではないからです。

引き出物には、平素よりお世話になっていることへのお礼の気持ちを込めなければいけません。

たとえ皆様から一律のご祝儀をいただく場合でも、役職ごとに差をつけて、それぞれの上司の方々への感謝と敬意の気持ちを引き出物で表すようにしましょう。

まちがっても、同僚と上司に同じ品物を用意するようなことがあってはいけません。

祝辞や乾杯の挨拶をお願いした上司への引き出物

祝辞や乾杯の挨拶をお願いした上司へは、格別のお礼をすべきです。

新郎新婦のためにわざわざスピーチをしてくださるのですから、それにふさわしい誠意あるお礼を考えておくべきでしょう。

ただしこうした場合は、引き出物という形で特別な感謝の意を伝えるのは適当ではありません。
少し高価な引き出物をお渡ししても、それが特別なものだと気づいていただけないかもしれないからです。

だれであれ、上司の皆様全員にはそれなりに高価な引き出物が用意されます。そうしたなかでは、ご自分の引き出物だけが、特別な感謝を込めた品物だとはおわかりにならない可能性が高いです。

祝辞や乾杯の挨拶をお願いした上司の方へは、もっとわかりやすい形で感謝の意を伝えるほうがいいでしょう。新郎新婦からの「心遣い」を表すには、次のような3つの方法がお勧めです。

  • 感謝の心を表すスタンダードな方法:お車代
  • 人間関係を大切にする方法:挙式前のご挨拶と手土産
  • お金をかけずに感謝を伝える方法:御礼文

感謝の心を表すスタンダードな方法:お車代

わざわざお手間をおかけしたことへのお礼として、お車代をお渡しするという方法があります。

結婚式での祝辞や乾杯の挨拶へのお礼としても、お車代はとてもよく見られるものです。

こうした場合にお渡しする金額は、1万円以上が相場となります。新郎新婦のご両家で話し合って、具体的な金額を決めるといいでしょう。

新郎新婦ご本人ではなく、そのご両親様からお車代をお渡しするのが一般的です。ただ昨今では受付に預け、会場の担当者からお車代を渡していただくやり方も増えています。

人間関係を大切にする方法;挙式前のご挨拶と手土産

結婚式での祝辞や乾杯の音頭をお願いした方には、直接会って感謝の意を伝えることもできます。高価な品物をご用意する代わりに、人と人とのつながりのなかで先方へ十分なお礼を尽くす方法です。

伝統的なやり方では、新郎新婦がそろって、式のまえにこうした大切な方の家へご挨拶に伺います。このときに手土産という形で、挙式の日の引き出物を一足先にお渡ししましょう。

このときの手土産は、特別に用意した品である必要はありません。ほかの上司の方への引き出物と同じものを、ここでお渡ししても大丈夫です。

新郎新婦の心遣いを十分に伝えられるやり方ですが、挙式前のこうした伝統的なご挨拶は、いまではあまり行われなくなっています。式の簡略化が進んでいるせいか、新郎新婦に格式ばって訪問されることを断る方もいらっしゃるようです。

とはいえ祝辞や乾杯の挨拶をお願いした方に、式までまったく連絡をしないというのは失礼なことです。

お宅を訪れるとしても、新郎新婦はあまり堅苦しい様子で伺わないほうがいいでしょう。「ご挨拶のために少しだけ伺ってもいいでしょうか」と、さりげなく伝えて立ち寄るくらいがいいかもしれません。あるいは新郎新婦でお食事にご招待して、その場で感謝をお伝えするというやり方もあります。

>Q.取引先の方や会社の上司へ贈り物をするときは、どのような品物を選ぶといいでしょうか?

A.取引先の方であれ会社の上司であれ、ビジネス関連の方に贈るのものはカタログギフトが最適です。

ビジネスが関係する方への贈り物選びは、慎重にしなければいけません。
ふだんからお世話になっていることへのお礼の心が伝わるように、品物選びをすることが条件になるからです。

カタログギフトにはいくつかの種類があります。
そのなかから、お相手の年齢やご趣味などによりふさわしい商品が掲載されたカタログを贈り主が選んでいただくことができます。
これだけでも、贈り主の心遣いをお相手に十分伝えることができるでしょう。

あわせて読みたい
ブライダルカタログギフト比較|結婚式引き出物の違いや人気商品を教えます結婚式の引き出物で使われるカタログギフトには専用のカタログギフトがあります。 今回は結婚式専用カタログギフトである、ブライダルカタ...

ビジネス関連の方へ贈り物をする場合には、価格がわからないように商品を選ぶこともとても大切です。

親しい友人であっても、値段がわかるような品物を贈ることはマナー違反になります。

ましてそれが大切なビジネス関係者や目上の方へのものであれば、金額のわからない商品をお渡しすることは最低限の礼儀です。

値段を伏せるには、カタログギフトをお贈りすることがもっともいいでしょう。

カタログギフトには、幅広い価格帯の商品が数多く掲載されています。

これなら特定の商品の値段がお相手に知られることはありません。ご自分がお好きな品物を選べるので、まちがいなく喜んでいただける商品を受け取っていただくこともできます。

上司へのお祝いをする際には、同じ部署の社員でお金を出し合って贈り物をすることもめずらしくありません。
こうした場合にもカタログギフトのご利用をお勧めします。

複数が意見を出し合い、その全員が納得できる商品を見つけることはなかなか困難だからです。

多忙なビジネスパーソンは、贈り物のための意見調節に手間をかける暇はありません。

カタログギフトをご用意するだけで、上司の方と職場の皆様が納得できる贈り物を手軽に用意することができます。

カタログギフトは味気ない、上司や取引先の方へ感謝の心を伝えるためには、どうしても特定の品物を用意して贈りたいという方もいます。

そうした場合の品物選びのコツは、お相手の立場、趣味、年齢、性別などを考慮することです。

上級職の上司へ贈るのであれば、エグゼクティブにふさわしい高級な名刺フォルダーや万年筆などがいいかもしれません。
あるいは、高級感のあるネクタイピンやカフスリンクスでもいいでしょう。

新居を構えられた方には、シンプルで品のいいインテリア小物や置物などを贈ることも考えられます。

お相手が女性であれば、高級メーカーのボディケア用品やスカーフ、ブリザーブドフラワーなどの贈り物が喜ばれます。

ゴルフが趣味の方には、ブランド品のゴルフ用シャツでもいいです。お酒がお好きな方にはたとえば高級地酒、スイーツに目のない方にはフランス産の輸入チョコレートなどをご用意することもできます。

いずれにせよ、お相手のお立場や趣味をそれとなく調べたうえで、心遣いや敬意を感じさせる商品を選んでください。
ビジネス関係者への贈り物選びには、こうした気遣いが欠かせません。

とはいえこうした品物選びがどうも苦手だという方もいるでしょう。せっかく選んでも、品物が大きすぎると、祝賀会や送別会の場でお渡ししにくいこともあるかもしれません。

手間をかけず、お相手にも迷惑にならず、そしてかならず喜んでいただける贈り物を用意するには、カタログギフトのご利用がもっともふさわしいといえます。