結婚式の引き出物、引き菓子+カタログギフトのみでも大丈夫!

結婚式の引き出物、「引き菓子+カタログギフトのみ」だと、ちょっと「淋しい」のでは?

ってお悩みではありませんか?

引き出物って悩みますよね・・・

でも結婚式の引き出物、引き菓子+カタログギフトのみでも大丈夫!

私も結婚式をあげたときは、「引き菓子+カタログギフト」の組み合わせで贈りました。

どうしてかって言うと、お皿・タオルを引き出物って貰っても嬉しくなかったので、ゲストに好きなのを選んで欲しいと思ったから。

ただ、主人の親がカタログギフトは嫌だって人だったので、遠方だったのですが「お皿」を渡しました。

結婚式の際にホテルが用意してくれる紙袋ってものすごく大きめ何ですよね。

大きな袋にちょこっと品物が入っているとなんだか物さみしい気がしてしまうかと思いますが、気にすることはありません!
そもそも手持ちの荷物を纏めるように大きいと思えばいいのです。

ネットの口コミとかも調べたんですが、結婚式の引き出物、引き菓子+カタログギフトが増えてるみたい。

理由を調べてみると、色々ありました。

  • 遠方からのゲストが多いから、荷物は軽くしてあげたい
  • 1つ1つの引き出物にお金をかけたい
  • ゲストが自分の好きなモノを選んでほしい

そういった理由で、結婚式の引き出物、引き菓子+カタログギフトの組み合わせが増えてきています。

私の出たことのある結婚式では、だいたい引き出物と引き菓子だけだったので、「引き菓子+カタログギフト」でも違和感はありませんよ。

結婚式のプランナーをしている友人に聞いたところ、引き出物はご祝儀の10分の1くらいで、引き出物+引菓子の2点もよくある事らしいです。

友人・同僚へのカタログギフトの相場は3000円なら、決して少なく妥当な価格です。

ただ、年配の親族の反応は気になるので、引き出物の内容を変えるという手もありますね。

まとめ

いざ自分が結婚式をする側になったとき、引出物について、ゲストの年代・家族構成であれこれと考えることが多く、頭を悩ませることが多く大変でした。

カタログと引き菓子のパターンがほとんどでした。

最近はカタログも多いので、年配の方たちでも特に抵抗ないと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です