カタログギフトの選び方

結婚式で両親へのプレゼントをカタログギフトは問題ない?

カタ男
カタ男
3ヶ月後に結婚式が迫ってるんだけど、両親へのプレゼントが決まらない・・・。

15000円位のカタログギフトを渡そうと思うけど、両親への結婚式プレゼントとして問題ないの?

ログ美
ログ美
私も結婚式を挙げた時、親へのプレゼントはカタログギフトよ。

結婚式の両親への引き出物で、カタログギフトは一般的だから、マナー的にも全く問題ないわ。

結婚式の終盤のイベントとして盛り上がるのが、新婦のお手紙+両親へのプレゼントを贈るというプログラム。
結婚式は両親の元を離れて、別の家庭を築いていくための大切な儀式です。

結婚式を援助してくれた両親への感謝を伝えるために、喜ばれる両親へのプレゼントとしてカタログギフトは実用的な点で非常にオススメ。

花束、大きなテディベア、フォトフレームといった両親への定番プレゼントは思い出としてはいいですが、実用的という点で「カタログギフト」も人気です。

結婚式で両親へのプレゼントをカタログギフトは問題ない?

結婚式で両親へのプレゼントをカタログギフトは、問題ありません。

結婚式といえば、華やかなイメージがあるため、カタログギフトが少し味気ないと思うかもしれませんね。

確かに自分の出生体重と同じ重さのぬいぐるみを渡す(ウェイトドール)、花束などが結婚式のプレゼントの定番。

しかし、家族だけの小規模な結婚式が増えているということもあり、カタログギフトなどの実用的な贈り物が人気となっているのです。

結婚披露宴での両親プレゼントの贈り方、マナー

結婚式に両親へのお世話になった気持ちを込めて、喜ばれるプレゼントを贈りたいと思っているカップルは多いでしょう。

喜ばれるプレゼントを贈るためには、マナーや贈り方をしっかりと意識しましょう。

贈り物のマナーとして、NGは?

結婚式に限らず、一般的に両親や目上の方への贈り物としてNGと言われているは避けましょう。

例えば、万年筆、ボールペンなどの筆記用具を贈るのは、「もっと精進してください」という意味があるからNGです。

また、靴下や靴などの履物は、相手を踏みつけるという意味があるのでNG。

そして、結婚祝いの贈り物としてNGとされているものも避けましょう。

結婚祝いの基本マナーとして、「切れる」「割れる」といった言葉を連想できるものはタブーとされていました。

よく言われるのはハンカチや包丁です。
ハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書くため、「手切れ」を連想させます。

また、包丁などの刃物は「切れる」ことをイメージさせます。

そのため、結婚式のプレゼントとしてふさわしくないです。

結婚式で両親に喜ばれる定番は?

結婚式で両親に喜ばれる贈り物についてですが、定番は父親にブートニア、母親に花束でしょう。

生花の花束以外にも、ずっと残る、プリザーブドフラワーを贈るカップルもよくいます。
花束以外にも、好きなものや日常使ってもらえる贈り物も人気です。

例えば、旅行が好きな母へは旅行券を送ったり、喜んでもらえるものがわからないという場合は、「ゆっくりした時間を過ごしてください」という気持ちを込めて、カタログギフトやお食事券を贈る人も多いです。

せっかくの高額な結婚式の援助に対して、お金でお返しすることはできません。
そのため、しっかりとプレゼントを吟味するのが大切です。

結婚式両親へのカタログギフト金額の相場

ゼクシィの調査によると、カタログ式ギフトの相場としては以下が目安になります。

  • 友人や同僚への目安金額:4000円
  • 親族や目上の人への目安金額:5000円
ひとり当たりのギフトの費用 平均・・・6400円
カタログ式ギフト 友人や同僚への目安金額 約4000円
親族や目上の人への目安金額 約5000円
食器 友人や同僚への目安金額 約4000円
親族や目上の人への目安金額 約7000円

参考元:今どき結婚式の基礎知識 「結婚式・披露宴の準備」 引出物・引菓子の選び方

まとめ

結婚式は、新郎新婦の新たな門出を祝うおめでたい場であり、なかなか感謝を伝えれ無い両親への感謝を伝えるのも結婚式ならでは。

両親へのプレゼントとして、カタログギフトで感謝を伝えましょう。