引き出物宅配とは? どうしてお得に節約できるの?

引き出物宅配とは参列者の自宅に直接引き出物を宅配する新しい形の引き出物の贈り方です。

今までは結婚式場で引き出物を渡し、参列者は披露宴当日に持ち帰るのが一般的でした。しかし、このような方法は参列者の不満を招いていました。

  • 引き出物は重くかさばるため持ち帰りが大変
  • 二次会に参加すると引き出物を持ち帰るのを忘れることがある

こうした参列者の不満の声からうまれたのが引き出物宅配なのです。参列者の自宅に宅配するため、そもそも持ち帰る必要がありません。お酒を飲んだ挙句に持ち帰るのを忘れたといったこともありません。

引き出物宅配にすれば従来の引き出物よりも費用がかからない、こうした面がクローズアップされがちですが、元々は参列者の不満を解消するために始まったサービスなのです。

引き出物宅配を利用するメリットを挙げると様々あります。特に大きなメリットとしては三つあります。

  • 結婚式場で引き出物を手配するよりも費用がかからない
  • 品質の良い引き出物を選ぶことができる
  • 何より参列者にとってメリットが大きく喜ばれる

このように参列者、新郎新婦双方にとってメリットがあります。

ここで、新郎新婦、参列者にとってのメリット、デメリットとなる点を述べていきたいと思います。

引き出物宅配、新郎新婦、参列者のメリット、デメリット

新郎新婦にとってのメリット

  • 結婚式場で手配するよりも費用をかけずに引き出物を調達することができる
  • 持ち込み料がかからない
  • 引き出物用の紙袋代がかからない
  • 参列者に応じて贈り分けしやすい
  • 結婚式場の提携先ショップには無い引き出物を選ぶことができる

何といっても最大のメリットは費用がかからないことです。一般的に結婚式場の提携先ショップから引き出物を調達した場合は割引がありません。しかし、引き出物宅配業者は割引をしてくれるため費用が安くなります。加えて引き出物用の紙袋が不要になるためさらに費用が下がります。(式場で購入した場合500円~1000円かかります。)

紙袋代が浮いた分、引き出物をワンランクアップすることができます。披露宴のグレードをアップすることにもつながります。引き出物宅配にすればこうした享受を受けることができるのです。

新郎新婦にとってのデメリット

  • 式場に嫌がられる
  • 参列者の中には引き出物宅配に対して抵抗感を持つ人がいる(特にご年配の方)

引き出物宅配にする最大のデメリットは式場に嫌がられることです。嫌がる最大の理由は提携先の引き出物業者から得られるはずだった紹介手数料が無くなってしまうからです。ただし、これを理由に披露宴を台無しにされることはありませんのでご安心ください。

参列者の中には挙式当日に引き出物を持ち帰れないことに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。しかし、このような場合は事前にお声がけをするなど工夫することで解決することができます。

参列者にとってのメリット

  • 引き出物を持ち帰る必要が無い
  • 二次会に行く際にわざわざロッカーに預けなくてよい
  • 遠方から来た参列者は宿泊先から配送手配する必要が無くなり費用負担せずに済む
  • 引き出物が食器の場合途中で割れてしまう心配をしなくてよい
  • 二次会でお酒を飲んでしまっても置き忘れてしまうことが無い

このように引き出物宅配は参列者にとってもメリットが大きいのです。何と言っても披露宴当日何も持たずに済むことは魅力的です。特に女性の場合はヒールを履く方も多く、重い引き出物を持ちながら家に帰るのは大変です。

遠方からいらした参列者の中には宿泊先のホテルから宅配を依頼する方も非常に多く「気が利いているね」と褒められた新婦の方は非常に多いそうですよ。

参列者にとってのデメリット

  • いつ自宅に配達されるのかわからない
  • 披露宴当日に引き菓子を食べることができない

参列者にとって最大のデメリットと言えば、自宅で受け取らなければならない点です。受け取りのために自宅にいる必要があり、いつ来るのかと不満を感じる方がいらっしゃるようです。

ただし、最近は宅配ボックスが設置されているマンションが多いため、このデメリットも解消されつつあります。時間指定を引き受けてくれる業者も増えています。

引き出物宅配の歴史

引き出物宅配の歴史は浅く、サービスが開始されたのは2010年頃です。

当初は「引き出物は披露宴会場で渡すのが当たり前」という考え方が強く、このサービスを利用するカップルはほとんどいませんでした。しかし、2013年頃から徐々に利用するカップルが増え始めました。

現在では引き出物宅配業者の数は非常に多くなっています。このことはサービスを利用するカップルが増えてきていることを表しています。

引き出物宅配とは少し違いますが、結婚式場と提携していないショップで引き出物を購入し自分で持ち込む方法もあります。

結婚式場と提携しているショップでは取り扱っていない商品を選ぶことができたり、提携ショップよりも安く購入できるといったメリットがあります。

引き出物を持ち込む場合のデメリットとしては、持ち込んだ引き出物に対して持ち込み料が発生してしまうことです。その場合、1点につき300円~500円かかります。しかし、持ち込み料がかかったとしても結婚式場で手配するよりも費用がかからないことの方が多いのです。

持ち込みに関しては、一見すると引き出物宅配と似ているようですが大きく二つの点で異なります。

  • 引き出物用の袋が必要になる(一袋あたり200円~500円程度)
  • 持ち込み料が発生してしまう

引き出物宅配の場合、持ち込み料が発生することはほとんどありません。しかし、引き出物を自分で持ち込んだ場合には持ち込み料が発生します。

費用面だけで言えば自分で持ち込むよりも引き出物宅配を利用した方が良いと言えます。

お得に節約できる引き出物宅配のサービスをまとめたので、こちらの記事もオススメです。

【2020年最新版】結婚式の引き出物宅配おすすめランキング【人気ブランド比較】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です