結婚式カタログギフト比較ランキングはこちら

引き出物の持ち込み料を節約する方法まとめ【結婚式でカタログギフトを渡すなら必見】

結婚式でのゲストに渡す引き出物は、少しでも節約したいですよね。

私も結婚式で挙式をした際に感じたことは、「高すぎるよ・・・・・」って事。

引き出物類、映像・写真、ペーパーアイテムとか費用節約できる所は、トコトンしていきましょう。

賢くお金をやりくりするために、引き出物の持ち込み料を節約する方法をまとめました。

編集部

中でも、結婚式でカタログギフトを送るって決めてる人は必見の方法だと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。

引き出物を割引価格で買う方法は、2種類あるよ


引き出物を割引価格で買う方法は、大きく2種類あります。

  • 1:引き出物宅配を使って、持ち込み手数料を無料に
  • 2:持ち込み料を負担してくれるカタログギフトメーカーを利用して、持ち込み手数料を無料に

中でもオススメの方法は、1:引き出物宅配を使う方法です。

しかし、結婚式の見積もりの条件によっては、引き出物の持ち込みが必須の場合もあります。
そんな人は、2:持ち込み料を負担してくれるカタログギフトメーカーをオススメします。

結婚式場で引き出物を購入すれば、持ち込み手数料をタダにしてくれる事も多いです。

しかし、式場で引き出物を購入したとしても定価販売が多いので、上記の方法を利用した方が持ち込み料を考慮しても安くなることが多いです。

編集部

私の友人は、引き出物割引を使って、10万円以上を節約しました!

それでは、引き出物の持ち込み料を節約する方法を解説しましょう。

まずは、結婚式場に持ち込む場合、どの程度費用がかかるかを解説しましょう。

結婚式の引き出物に、持ち込み料はどれ位の費用がかかるの?


結婚式の引き出物に、持ち込み料はどれ位の費用が発生するか、ご存知でしょうか?
結婚式場と提携していないショップで引き出物を選ぶ場合、式場への持ち込み料がかかることがほとんどです。

その料金は1点につき、なんと300円~500円もかかってしまいます。自分が好きなものを選んだだけなのに、ずいぶん費用が掛かってしまうものです。

一見するとぼったくられているように感じてしまいますが、これだけの費用を請求するのには式場側にも理由があるのです。

もし披露宴当日に引き出物の数が足りないといった状況になった場合、参列者は式場側に問題があると捉えます。

式場側としては持ち込まれた引き出物のせいで評判を落とされてはたまったものではありません。

こうした事態を避けるために引き出物を披露宴当日まで保管しているのです。
当然のことながら保管期間は費用が発生しますので、これを持ち込み料として請求しているのです。

結婚式場は特定の引き出物業者と提携しており、売り上げの一部を紹介手数料として受け取っています。結婚式場にとっては、紹介手数料は貴重な収入源となります。

持ち込み料を請求するのは本来得られるはずだった紹介手数料を補完する意味合いもあります。

式場で引き出物を準備してもらう方が安い?


引き出物を持ちんだ場合、持ち込み料がそこそこかかってしまうため、式場が提供している引き出物を選ぶことの方が多くなっています。

しかし、この引き出物に関しても料金に上乗せされているものがあるため注意する必要があります。

例えば、引き出物の紙袋代ですが1袋500円ほど料金に上乗せされている場合があります。

そのため、持ち込み料を払った方が安くなる場合があります。事前に確認することが大切です。

持ち込み料をタダにする方法とは?


結婚式場へ引き出物を持ち込めば、持ち込み料がかかってしまうのですが、持ち込み料を払わずに済む方法があるのです。

それは、参列者のご自宅へ直接引き出物を配送してしまう方法です。
結婚式の引き出物の持ち込み料を節約するで人気なのが、引き出物宅配!

実際に、多くの人が引き出物宅配を使っています。

一般的には引き出物と言えば披露宴会場で渡すものと思われています。
しかし、本来は結婚式が終わった後で参列者の自宅を一軒ずつ訪問し手渡ししていたのです。

「引き出物を宅配で送るなんて失礼かな?」と思うかもしれません。しかし、本来であれば参列者の家まで出向くのが慣例であり、結婚式が終わった後で宅配する事は礼儀に反することではないのです。

参列者からすると、荷物となる引き出物を持ち帰る必要がありません。遠方から来ている人、披露宴の後に二次会に参加する人にとっては都合が良いのです。

新郎新婦にとっても持ち込み料を払う必要が無くなり、持ち帰り用の紙袋を用意する必要が無くなります。
贈り分けをする場合は、引き出物の大きさや重さの違いを気にする必要がありません。


結婚式の節約になる、引き出物宅配をお探しの人は以下の記事が絶対に役にたつので、参考にしてください。

>>>引き出物宅配・比較ランキング【結婚式ヒキタク】

引き出物宅配おすすめ2020|結婚式の人気ブランド比較ランキング

カタログギフトを安く買う方法

また、結婚式の見積もりの条件で、引き出物宅配を利用できない場合は、リンベルのブライダルカタログギフトがオススメ。

カタログギフト・現物商品とも1個につき上限400円まで負担してくれます。
また、お品物代金が2,000円(税抜)未満の場合は300円まで、1,500円(税抜)未満の場合は持ち込み料負担の対象外なってるので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です